Contents Link Navigation Link
비주얼용 비지
対外協力処紹介
 

挨拶

대외협력처 학생 사진
釜山カトリック大学校対外協力処 CATHOLIC UNIVERSITY OF PUSAN
特性化された教育を世界へ・・・

釜山カトリック大学は看護、保健分野で特性化されている小さいながらも内容が充実した強い大学です。現在まで本校は国際化よりは国内で充実した大学を目標に教育と研究に邁進してきました。しかし、国内外の情勢と要求に符合する学校に生まれ変わるために2015年9月から対外協力処を新設し、先進化された本校ならではの教育を世界化に歩調をそろえてグローバル教育に跳躍しようと準備してきました。2016年9月を基点に韓国語教育センターを設立して外国人を対象に韓国語教育を始め、5大学19学科はグローバル教育のための準備を終えました。本校は教育部大学構造評価でA等級を取得した東南圏唯一の大学で、優れた外国人留学生を積極的に誘致し、知性はもちろん人格と霊性を兼ね備えた国際社会が要求する社会カスタマイズ人材を養成します。外国人留学生のためのすべての準備を終え、これからは留学生と共にする釜山カトリック大学校になります。

在外国民の学生も未来の重要な価値を見出し、自分の夢と希望をどこで実現できるのかよく判断して進路を選択してください。ジャマイカ出身のウサイン・ボルトはオリンピックで3回連続3種目金メダルを達成した唯一の選手であり、大韓民国の朴仁妃は歴代男女ゴルフをあわせて「ゴールデングランドスラム」を達成した唯一の選手です。自分に合った大学を選択したとき、私たちの夢は実現されるだろうと信じています。

釜山カトリック大学校対外協力処は国内外のnetworkを構築してきました。国内外の優秀大学および機関とのMOUを拡散してグローバルnetworkを構築し、これを通して釜山カトリック大学校は世界の中で勉強して研究できるように努力します。釜山カトリック大学校は国際社会の一員として韓国だけでなく世界の中で自分の夢を実現できるだろうと信じています。 小さいながらも内容が充実した強い大学、釜山カトリック大学校で国際化力量を経験してみてください。

釜山カトリック大学校対外協力処長 チャン・ギョンス